リロケーションの契約

リロケーションの契約を結ぶ際には、不動産会社を通して契約を結ぶ場合と、自分で契約を結ぶ場合があります。
どのような流れで契約が進んでいくのかをご説明します。

まず不動産会社経由の場合ですが、不動産会社経由で契約をする場合は、貸し出したい側は不動産会社に相談し、リロケーションの期間、入居者の条件などを不動産会社に伝えて、リロケーション物件として取り扱いを始めてもらいます。
その物件情報を不動産会社で見つけた方が、条件を満たしている場合、入居契約を結ぶという流れになるのです。不動産業者へ家賃の見積もりをするサイトもあるので、こういったものを利用して相場を調べてみるのもいいでしょう。

次に個人でリロケーション契約をする場合ですが、個人の場合は、全て自分でやりとりを行う必要があります。
リロケーション物件の宣伝、入居希望者との面接、契約書記入など、契約に関してのことを自分で手続きしなければいけませんので、場合によっては専門機関(リロケーション取扱い店舗、住宅事情に詳しい弁護士など)に相談、依頼をするべきだと言えるでしょう。

このように、二つのタイプによって契約までの流れが少しずつ変わっては来ますが、どちらの場合でも、契約を結んで後悔をしないような、安心して任せられるタイプの人に家を預けることを頭に入れておくことが大切です。

メリットは何?

リロケーションを行うことで具体的にはどのようなメリットが得られるのかをご説明します。

まず、空き家を減らす方法として知られています。
長期的、または頻繁に空き家の状態を作っておくと、泥棒や空き巣に目をつけられ、被害にあう可能性が高くなりますので非常に危険です。
また、留守中に家に万が一の事(急な荷物の宅配、回覧板など)があった際に、すぐに対応が出来ず、困ってしまうという方は少なくありませんが、リロケーション物件であれば、その点も安心だと言えるでしょう。

次に、リロケーションをすることで、一度更新契約を解除しなくとも、転勤などが終われば戻ってくることが可能という点です。
具体的な転勤期間や出張期間が決まっている場合、長期的な物ですとどうしても一度家を出ないと、お金が無駄になってしまう恐れがあるのですが、リロケーションであれば、決まった期間のみ契約をすることが可能ですので、自分が返ってくるまでの家賃を払ってもらう+家の管理をしてもらえるというメリットを得ることが出来ると言えます。

このように、お金などの面だけではなく、家の管理などに関してもリロケーションはメリットがあると言えますので、出張が多い方等にはオススメと言えるでしょう。

デメリットは何?

様々なメリットがあるリロケーションですが、反対に、デメリットがあるということも頭に入れておかなければいけません。
リロケーションのデメリットは、主にこれらがあげられます。

まず、リロケーションを貸す側のデメリットは、貸し出す人選びを間違えてしまうと、家の中がめちゃくちゃにされ、帰って来たときには見る影もないという点です。
炊事洗濯掃除が出来ない人、壁などを傷つける可能性があるペットを飼っている人、家具などを汚す可能性がある人など、雑で大雑把な、借りているという意識が足りない人もいますので、そういった方と賃貸契約を結ぶと、悲惨な状態になる可能性があります。
また、近隣トラブルを起こしそうな人も避けた方が賢明と言えるでしょう。

そして、これはリロケーションを借りる側のデメリットになりますが、契約期間を過ぎると、更新などなく必ず退去になりますので、次の所を必ず見つけておく必要があるという事です。
契約期間が過ぎたら、必ず元の家の持ち主が帰宅しますので、残っているという訳には行きません。
必ず計画的にリロケーションを借り、次の所を早め早めに見つけておく必要があるというのが、リロケーションを借りる側のデメリットの一つだと言えるでしょう。

リロケーションとは?

近年人気の賃貸スタイルとして行われることが多いのが、リロケーションです。
リロケーションとはそもそもどういう意味なのか、リロケーション物件についてご説明します。

リロケーションとは、ある一定の期間のみ賃貸契約を結び、特定の住居を借りるという、不動産用語です。
一定期間のみの契約になりますので、契約終了後は必ず退去をする必要があります。
リロケーション契約が行われるのは、主に以下の例が挙げられるでしょう。

リロケーション利用者は、転勤中などの一定期間、誰も居ない状態の、空いている我が家を貸し出して、転勤の期間だけ住んでもらうという契約を結んでいます。
転勤期間家を空けておくのが心配という場合などによく利用される契約方法で、多くの場合、こちらの契約スタイルは、転勤などが終了する日に契約も終了するので、頻繁に転勤があるという場合や、長期的な転勤があるという場合、一度住宅契約を解除することなく、家賃を自己負担にすることなく、契約完了すればまた我が家に戻ることが出来ます。

リロケーションの際には、不動産会社に相談、または、自分が所有する物件の場合は、自分で契約を結び、貸し出す契約が出来るので、比較的融通を利かせることが出来ます。
リロケーション希望者は、貸し出す側も、貸し出される側も数多く居ますので、ネットで募集をかけるなどの営業を行うことで、すぐにでも始めることが出来る可能性が高いでしょう。
リロケーションを上手く使うことは、転勤者に取ってお金を節約することに繋がりますよ!