デメリットは何?

様々なメリットがあるリロケーションですが、反対に、デメリットがあるということも頭に入れておかなければいけません。
リロケーションのデメリットは、主にこれらがあげられます。

まず、リロケーションを貸す側のデメリットは、貸し出す人選びを間違えてしまうと、家の中がめちゃくちゃにされ、帰って来たときには見る影もないという点です。
炊事洗濯掃除が出来ない人、壁などを傷つける可能性があるペットを飼っている人、家具などを汚す可能性がある人など、雑で大雑把な、借りているという意識が足りない人もいますので、そういった方と賃貸契約を結ぶと、悲惨な状態になる可能性があります。
また、近隣トラブルを起こしそうな人も避けた方が賢明と言えるでしょう。

そして、これはリロケーションを借りる側のデメリットになりますが、契約期間を過ぎると、更新などなく必ず退去になりますので、次の所を必ず見つけておく必要があるという事です。
契約期間が過ぎたら、必ず元の家の持ち主が帰宅しますので、残っているという訳には行きません。
必ず計画的にリロケーションを借り、次の所を早め早めに見つけておく必要があるというのが、リロケーションを借りる側のデメリットの一つだと言えるでしょう。