リロケーションの契約

リロケーションの契約を結ぶ際には、不動産会社を通して契約を結ぶ場合と、自分で契約を結ぶ場合があります。
どのような流れで契約が進んでいくのかをご説明します。

まず不動産会社経由の場合ですが、不動産会社経由で契約をする場合は、貸し出したい側は不動産会社に相談し、リロケーションの期間、入居者の条件などを不動産会社に伝えて、リロケーション物件として取り扱いを始めてもらいます。
その物件情報を不動産会社で見つけた方が、条件を満たしている場合、入居契約を結ぶという流れになるのです。不動産業者へ家賃の見積もりをするサイトもあるので、こういったものを利用して相場を調べてみるのもいいでしょう。

次に個人でリロケーション契約をする場合ですが、個人の場合は、全て自分でやりとりを行う必要があります。
リロケーション物件の宣伝、入居希望者との面接、契約書記入など、契約に関してのことを自分で手続きしなければいけませんので、場合によっては専門機関(リロケーション取扱い店舗、住宅事情に詳しい弁護士など)に相談、依頼をするべきだと言えるでしょう。

このように、二つのタイプによって契約までの流れが少しずつ変わっては来ますが、どちらの場合でも、契約を結んで後悔をしないような、安心して任せられるタイプの人に家を預けることを頭に入れておくことが大切です。